ジャックポットダイスを徹底解説!基本情報・演出・解析値・ボーナス確率を完全網羅!

このページでは、ベラジョンパチンコ館などでプレイできるオンラインスロット「ジャックポットダイス」について解説します!
1/8192で出現する「ウルトラジャックポット」役が成立すると、AT一撃5000枚は濃厚!?
初代ミリオンゴッドのような爆発力が魅力のスロットとなっています。

この記事では、ジャックポットダイスの基本情報や打ち方、演出・設定示唆・狙い目や天井といった情報を完全網羅!
ボーナスを連チャンさせて一撃万枚を狙いましょう!

9分で読める記事です

ジャックポットダイス(JackPotDice)の基本スペック

ジャックポットダイス(JackPotDice)の基本スペック

まず、ジャックポットダイス(Jackpot Dice)の機種情報について解説します。
リール配列や配当表などの基本情報に加え、ゲームフロー、台の打ち方について詳しく説明しています。
ジャックポット役を引ければ大爆発に期待が持てるのはもちろんですが、メインの当選は通常大当たりであることを覚えておきましょう。

基本情報

ジャックポットダイスは、初代ミリオンゴッドを踏襲したAT+ストック機です。
ゲーム画面にはリールとダイスが描かれており、ダイスで奇数の数字が揃うか、リールに赤7やジャックポット図柄が出現すると大当たりとなります。
赤7の確率は「1/4096」・ジャックポット図柄の確率は「1/8192」と設定によらず一律となっているので、設定不問の大爆発が期待できます!
そのほか、簡潔なスペックは以下のとおりです。

タイプ ATストックタイプ
開発メーカー ING
機械割 92.2%〜143.6%
トータルジャックポッド確率 1/419.5~1/1011
50枚当たりのコイン持ち 約20G
天井 AT非当選状態で1500G消化
AT純増枚数 約9.5枚/1G
Sicbo Image 1
Sicbo Image 2

ゲームフロー

ジャックポットダイスのゲームフローを解説します。
ジャックポットダイスは「AT+ストック」台となっているので、ボーナスの連チャンで大爆発を目指しましょう!

  1. 通常時はモード昇格を目指そう

    通常時は左リールからの順打ちでプレイしましょう。
    チャンス目などの小役が成立することで、スロットのモードがA(低確)→B→C(高確)と移行します。モードが高いほどATの当選率が上がります。

  2. AT「ジャックポットフィーバー」では大連チャンのチャンス!

    通常時の小役解除、もしくは赤7やジャックポット図柄が揃うと、AT「ジャックポットフィーバー」に当選します。
    ATは純増9.5枚/Gとなっており、通常は1セット50ゲーム、赤7の場合3セット150ゲーム、ジャックポットの場合500ゲームを持ってプレイすることができます。
    また、AT中はハズレやリプレイ3連でストックのチャンス! ストックを積み重ねて大連チャンを狙いましょう。

  3. ジャッジメントゾーン・チャンスゾーンで引き戻しを狙おう

    ATのゲーム数が無くなると、5ゲームの「ジャッジメントゾーン」に突入します。
    AT中にストックが取れていれば、ディーラーとのサイコロ対決に勝利してATに復帰します。
    ストックがなければそのまま終了です。
    その後は45ゲームのチャンスゾーンに突入し、引き戻しを狙います。
    引き戻せなかった場合は通常時に戻ります。

通常・ボーナス時はフリー打ちでOK

ジャックポットダイスは通常時・ボーナス時含め全てのリールをフリー打ちしてOKです。
ただし、モード移行のメイン契機となるチャンス目が出現することがあるので、見逃さないようにしましょう。

・チャンス目A…左リールに「3連UJP」図柄が2連だけ出現 or 赤7が中段に止まる
・チャンス目B…左・中リールに「3連UJP」図柄が2連だけ出現 or 赤7中段テンパイと覚えておくと良いでしょう。

通常・ボーナス時はフリー打ちでOK
通常・ボーナス時はフリー打ちでOK
通常・ボーナス時はフリー打ちでOK

ジャックポットダイスのAT当選

続いて、ジャックポットダイスのボーナス当選確率、および機械割について解説します。
ジャックポットダイスは赤7やジャックポット役については設定不問となっていますが、通常大当たりについては非常に大きく設定差があるため、設定推測がしやすい機種と言えます。

AT当選・ボーナス確率

ジャックポットダイスのAT当選契機は、UJF(ジャックポット役成立)・SJF(赤7役成立)・NJF(小役解除)の3つとなっており、そのうちUJFとSJFについては設定不問となっています。
ただし、小役解除によるノーマルジャックポットフィーバーについては、設定1でおよそ5200分の1、6で600分の1と、9倍近い差がついています。NJFが早い段階で複数回確認できたら、高設定の可能性が上がると言えるでしょう。

設定 UJF SJF(赤7揃い) NJF
1 1/8192.0 1/4096.0 1/5267.9
2 1/8192.0 1/4096.0 1/3090.7
3 1/8192.0 1/4096.0 1/2499.9
4 1/8192.0 1/4096.0 1/2049.8
5 1/8192.0 1/4096.0 1/1547.8
6 1/8192.0 1/4096.0 1/1334.2
H 1/8192.0 1/4096.0 1/600.5

機械割

続いて、ATの合成確率と機械割について表でまとめています。
ジャックポットダイスの設定は1〜6、そしてHの合計7段階用意されています。
設定1の機械割は92.2%、そして設定Hの機械割は脅威の143.6%!
6号機パチスロの機械割が最高でも115%であることを踏まえると、相当な還元率と言えるでしょう。

設定 合成確率 機械割
1 1/1101.0 92.2%
2 1/959.7 98.0%
3 1/894.1 102.0%
4 1/829.0 105.0%
5 1/129.2 107.0%
6 1/681.2 114.7%
H 1/419.5 143.6%

天井発動条件

ジャックポットダイスの天井発動条件は、「ボーナス非当選状態で1500G消化する」ことです。
恩恵はAT当選のみとなっています。
ジャックポットダイスは一撃性が高い分コイン持ちはかなり悪く、50枚で20Gちょっとしか回りません。そのため1,500G消化すると平均で3700枚程度のマイナスになります。
以下の表は、設定ごとの天井到達確率をまとめたものです。
設定が悪いと4〜5回に1回は天井に行ってしまうため注意が必要です。

設定 天井(1500G)到達率
1 25.6%
2 20.9%
3 18.7%
4 16.4%
5 12.9%
6 11.0%
H 2.8%

小役確率~ほぼ設定差なし

通常時の小役確率については、ほとんど設定差はありません。
15枚役に微々たる差があるくらいで、ハズレやリプレイは全設定共通となっています。
小役確率から設定推測は不可能と言えるでしょう。

通常時の小役確率

ハズレ 1/1.22 全設定共通
リプレイ 1/7.3 全設定共通
15枚役 1/27.90~1/27.77
設定 チャンス目A チャンス目B
1 1/262.14 1/655.36
2 1/258.02 1/630.15
3 1/254.02 1/606.81
4 1/252.06 1/595.78
5 1/250.14 1/585.14
6 1/248.24 1/574.88
H 1/240.94 1/537.18

モード別初当り確率

先ほど説明した通り、ジャックポットダイスの通常時は、「モード」によって小役解除によるボーナス当選率が管理されています。
下にある表は、赤7・ジャックポット役を除いたモード別の初当たり確率です。
こちらも初代ミリオンゴッドを踏襲しており、モードAはまさに地獄モードと呼ぶに相応しい当選率ですね。
モードBやCに移行するとかなり当たりやすくなっているので、チャンス目が頻発した場合は高モードであることを祈りましょう。

設定 モードA モードB モードC
1 1/46694.6 1/3380.1 1/1361.0
2 1/28158.2 1/1903.7 1/844.5
3 1/18027.1 1/1461.9 1/782.7
4 1/14305.1 1/1140.3 1/706.3
5 1/10725.4 1/886.8 1/515.6
6 1/9246.8 1/758.5 1/451.7
H 1/5893.2 1/321.9 1/217.3

小役別のモード移行率

小役別のモード移行率は全設定共通となっています。モード移行の要となるのがチャンス目役です。
チャンス目が成立した場合はモードが下がることが無いので、チャンス目が頻発した場合は高モードを祈りましょう。
また、15枚役は比較的出やすい割にモード移行率が高いため、15枚役の連打でモードが上がることもあります。

モードA滞在時

小役 移行無し モードBへ モードCへ
ハズレ 99.88% 0.10% 0.02%
リプレイ 99.78% 0.18% 0.04%
15枚役 98.80% 1.00% 0.20%
チャンス目A 89.00% 10.00% 1.00%
チャンス目B 79.00% 20.00% 1.00%

モードB滞在時

小役 移行無し モードAへ モードCへ
ハズレ 99.85% 0.05% 0.10%
リプレイ 98.95% 0.05% 1.00%
15枚役 94.50% 1.50% 4.00%
チャンス目A 89.00% 0.00% 11.00%
チャンス目B 78.00% 0.00% 22.00%

モードC滞在時

小役 移行無し モードAへ モードBへ
ハズレ 99.00% 0.50% 0.50%
リプレイ 97.00% 2.50% 0.50%
15枚役 93.00% 5.50% 1.50%
チャンス目A 100.00% 0.00% 0.00%
チャンス目B 100.00% 0.00% 0.00%

ジャックポットダイスの告知・演出パターン

ジャックポットダイスの告知・演出パターン

ジャックポットダイスには様々な告知パターンがあります。
ネオンの看板が落ちてきたり、ドラムロールでカーテンが開いてATを告知したり、同じ前兆が4連続来てATが当選するなどなど…
また、現在のパチスロでは当たり前となった「遅れ」も勿論あります。
リールが始動した後、一瞬遅れてスタート音が鳴ると、赤7やジャックポットの大チャンスです。
もちろんゴッドシリーズには欠かせない「フリーズ」も搭載!
突然画面の表示が乱れフリーズすると、ウルトラジャックポットフィーバーが確定となります。
いろんな演出があるので、ぜひ確かめてみてください!

演出名 説明
カーテン演出 第3リール停止で閉じきれば「カーテンコール演出」へ発展
カーテンコール演出 カーテンが開いたときにJACKPOT FEAVERのロゴ出現でAT当選
ネオン看板演出 看板に「WIN」のランプが点灯するとNJF以上が確定し当選
画面乱れ演出 画面の表示が乱れその後一瞬停止、UJFが確定、500GのAT突入
遅れ演出 リールの回転開始と音がズレて聞こえる「赤7揃い」「UFJ揃い」の確率上昇
前兆演出 複数回連続で登場することで期待アップ

ジャックポットダイスヤメ時

ジャックポットダイスのやめ時は、「AT終了後45ゲーム」が経過した時です。つまり、チャンスゾーンを抜けた時となります。
ジャッジメントゾーンで引き戻せなかった場合でも、ストックが潜伏している時があります。
ストックはチャンスゾーン終了時までに必ず放出されるので、チャンスゾーンで告知されなかった場合はストックは残っていません。
そのため、45Gでスパッとやめるのが一番期待値が高いと言えます。

まとめ

ジャックポットダイスは、初代ミリオンゴッドを搭載した一撃性がかなり高い機種です。
オンラインスロットは店がレートを決められるので、一撃で数十万円〜数百万円を稼ぐことも不可能ではありません。
その分、設定が低かったり、赤7やジャックポット図柄をなかなか引けないとなると、相当なマイナスとなってしまう可能性もあります。
ただ、1/8192を引き当てるだけでAT一撃5000枚が決まるウルトラジャックポットはまさに最強。
ATのストック率にはあまり設定差はないので、ATに突入してしまえば一撃万枚、2万枚、3万枚…も決して不可能な数字ではありません。
ベラジョンパチンコ館などのオンラインスロットが楽しめるサイトでは、「全機種に設定6以上設置!」といったイベントを告知していることがあります。
そういったイベントをフルに活用して、ATの大爆発を狙いましょう!

ジャックポットダイスに関してのよくある質問

最後に、ジャックポットダイスに関するよくある質問について解説します。
高設定の見分け方やジャッジメントゾーンといった、初心者の方がつまづきやすいポイントについて詳しく説明しているので安心してプレイできます!

高設定を見抜く分かりやすい方法は?

ジャックポットダイスは、小役確率・赤7出現率・ジャックポット出現率に設定差はほぼありません。
また、設定示唆も用意されていないので、基本的には小役解除によるノーマルジャックポットフィーバーで高設定かどうかを判断します。
例えば、モードAでの小役解除の確率は1で5万分の1、Hで5000分の1くらいなので、今まで何もなかったのに突然小役解除した…ということがあれば高設定の可能性が上がります。
また、履歴を確認して、天井にほとんど行っていない台は高設定のチャンスです。
なお、オンラインスロットサイトでは設定イベントの告知を行う場合があるので、朝一から高設定をツモりたい場合は見逃さないようにしましょう。

ジャッジメントゾーン(JZ)って何?

ジャッジメントゾーンは、ATが終了した後に行われる5G間の引き戻しゾーンです。
ディーラーが投げたサイコロの数より、大きい数字を出すことができればATに復帰します。
サイコロを投げるので一見その5G間で何かを抽選しているかに見えますが、基本的には「今までのATでストックを獲得したか」の告知演出でしかありません。
5G間で赤7やジャックポット役を引くといった例外を除いては、ストックがあった場合勝利、なかった場合敗北となります。
ただし、ジャッジメントゾーンで負けた場合もストックが潜伏している場合があるので、チャンスゾーンを抜けるまではプレイする方が良いでしょう。

ネットカジノ限定ボーナス

ベラジョンカジノ入金不要150回フリースピン!

【限定】パチンコ館無料$30+FS150回!

ネットカジノ限定の登録特典ボーナスはパチンコ館で使える30ドルの無料チップと150回のフリースピンです。 2024年6/30までの期間限定となっていますので取り逃しなく!

関連記事

上の人(uenohito)

今回の記事を書いた人

こんにちは!ウエノヒトシです。みなさんから親しみを込めて「上の人」と呼んでいただいています。ネットカジノJPの運営を一手に担っており、サイトの最新情報や役立つ知識を日々更新しています。長年のギャンブル経験を生かし、オンラインカジノにも深い愛情を持って8年が経ちました。勝利への鍵となる必勝法を研究し続けており、いつか皆さんに完璧な勝ち方をお伝えできる日を夢見ています。

15 ネットカジノ比較ランキング【2024年】最新版 | ネットカジノ.JP