10%法のイメージ

10%法の使い方徹底解説!連敗確率などを徹底検証!

10%法(テンパーセント法)

10%法とは?

「10%法」とは、オンラインカジノのルーレット・バカラといったテーブルゲームやライブゲームで利用できる攻略法です。

手持ちの資金に合わせてベット額を上げ下げするというシンプルなマネーシステムとなっており、比較的にローリスクなプレイができるので初心者の方にもおすすめのベッティングシステムとなっています。

このページでは、10%法の使い方、実践シミュレーション、メリット・デメリットなどについて解説します。

2倍配当のゲームで使える

3倍配当のゲーム、ルーレットのダズン・カラムベットで使える

「10%法」は、どんなテーブルゲームでも利用することができる攻略法ですが、最も使いやすく効果が発揮されやすいのは勝利時に2倍配当を獲得できるゲームです。

バカラ、ルーレットの赤/黒、シックボーの大/小、『モノポリーライブ』の「1」など、勝率約50%・配当2倍のゲームを利用することをおすすめします。

ただし、バカラのバンカー、ブラックジャックなど、厳密には2倍配当にならないゲームであっても10%法は使いやすい攻略法となっています。

10%法の賭け方

次の項目で、10%の賭け方について説明します。仕組み自体は至極単純なベッティングシステムなので、初心者の方も簡単に利用できる攻略法です。

ただし、資金の多さがベットサイズに直結する攻略法となっているため、ベット金額を多くしたい・少なくしたいという場合、賭け金ではなく「口座残高」を変えることが必要です。

下記の説明は、おおよそ100ドル前後の入金が適しています。

10%法のルール・やり方

10%法のルール

①資金とプレイするゲームを選択します。説明では「100ドル」を元手の金額とし、バカラのプレイヤーを遊ぶゲームとします。

②今持っている資金の10%をベットします。今回は、100ドル×10%(10分の1)=10ドルをベットします。

10%法のルール2

③勝負が終わったら、次も同じように資金の10%をベットします。例えば、

・最初の勝負で勝利… 資金は110ドルなので 110×0.1=11ドル

・最初の勝負で敗北…資金は90ドルなので 90×0.1=9ドル

なお、小数点以下の桁になってしまう場合、計算が面倒なので切り上げ(切り捨てでも構いません)で処理を行いましょう。

例…資金が95ドルの場合 95×0.1=9.5ドル⇨切り上げて「10ドル」(切り下げて9ドルでもOK)

④同じように資金の10%をベットして勝利を目指す攻略法となります。計算が煩雑になってくるので、電卓アプリなどを使ってプレイするのがおすすめです。

10%法の実践シュミレーション

次に、実際に10%法を使ってプレイした場合のシミュレーションを解説します。

10%法はルール自体は簡単なので、どのようなお金の動きがあり、どれほどの利益が出るのか、といった点にも注目してご覧ください。

まず、スタート金額100ドル、小数点以下切り捨てで「6勝4敗」だった場合のシミュレーションです。

最初のベット額がそこそこ高いことから1ゲームあたりの利益分も大きく、時間効率の良い攻略法と言えるでしょう。

また、こういった連敗・連勝があまり続かない場合でも、最後で勝ち切ることができれば利益が出るような仕組みになっています。

6勝4(小数点以下切り捨て)

ゲーム数 資金 賭け金 勝敗 決着後資金
1 $100 $10 勝ち $110
2 $110 $11 負け $99
3 $99 $9 勝ち $108
4 $108 $10 負け $98
5 $98 $9 負け $89
6 $89 $8 勝ち $97
7 $97 $9 負け $88
8 $88 $8 勝ち $96
9 $96 $9 勝ち $105
10 $105 $10 勝ち $115

続いて、同じ状況で「5連敗」「5連勝」を喫した場合のシミュレーションも考えてみます。連敗時は小数点以下切り捨て、連勝時は切り上げで記載しています。

5連敗(小数点以下切り捨て)

ゲーム数 資金 賭け金 勝敗 決着後資金
1 $100 $10 負け $90
2 $90 $9 負け $81
3 $81 $8 負け $73
4 $73 $7 負け $66
5 $66 $6 負け $60

5連勝(小数点以下切り上げ)

ゲーム数 資金 賭け金 勝敗 決着後資金
1 $100 $10 勝ち $110
2 $110 $11 勝ち $121
3 $121 $13 勝ち $134
4 $134 $14 勝ち $148
5 $148 $15 勝ち $163

この表を見ると、5連敗でも損失は「-40ドル」なのに対し、5連勝で利益が「+63ドル」になっています。

連敗するたびにベット額が下がっていくのでリスクが抑えられ、かつ連勝すると利益が増えるような仕組みのため、ある程度ローリスクながら大きな利益が狙える攻略法と言えるでしょう。

賭け方も手軽なので、初心者の方にも使いやすいと言えます。

10%法を使うメリットとは

資金にあわせて掛け金が増減するので比較的ローリスク

資金にあわせて掛け金が増減するので比較的ローリスク

10%法は、勝利するたびに資金が増えるのでベット金額が上がり、敗北するたびに資金が減るのでベット金額が下がります。

そのため連敗時のリスクが限定的で、なおかつ連勝時の利益が大きくなる、といった特徴があります。「コツコツ稼ぎたいけど、連敗すると全部無くなる攻略法はちょっと…」「連勝したら大きく稼げる攻略法がいい!」といったプレイスタイルの方に大変おすすめです。

また、ルールがシンプルなので初心者の方にもおすすめです。

10%法を使うデメリットとは

連敗の負債を取り戻すには長期戦になりがち

連敗の負債を取り戻すには長期戦になりがち

連敗が続くとその分ベット額が減っていくので、負債を取り戻すためにはその賭け金から勝利していきベット額を増やし、賭け金が増えて勝負でも勝つ必要があるため、長期戦となる場合が多いです。

明確なやめ時が決められている攻略法ではないので、例えば

・残高が半分以下(100ドルスタートの場合50ドル未満)で損切り

・1セットで5連敗以上で強制終了/20ゲーム経過で終了

など、損切りラインを明確に決めておくと良いでしょう。

ゲームの流れによって収支が変わってしまう

「連敗しなければ利益が取れる」「連勝すれば爆益が取れる」といった確定的なメリットがある攻略法とは異なり、10%法はゲームの展開や流れによって「利益を確保できる条件」が異なります。

連勝後の大きな連敗、勝ち負けの繰り返しなどが重なると、勝敗数が五分五分でも収支はマイナス、といったことが起こり得ます。

そのため、「利確」のラインは決めておくことをおすすめします。残高が25%以上増えたら、1セットで5連勝したら、など、利益を確定させてから次のセットに向かうと損失が出にくくなります。

10%法のまとめ

10%法は、オンラインカジノで使える攻略法の中でも、「賭け方の手順がシンプル」「連敗時のリスクが抑えられている」「連勝時に大きな利益を獲得しやすい」とメリットが多く、どなたでも使いやすいベッティングシステムです。

ルーレット・バカラ・ブラックジャックなど様々なテーブルゲームと相性が良く、オールラウンダーの攻略法と言えるでしょう。

自由度が高いマネーシステムなので、利確・損切りと言った「やめ時」は先に決めておくのがおすすめです。

gotoTop