オンラインカジノのライセンスや運営の仕組みを解説

日本のみならず、世界中で大人気のオンラインカジノ。

もちろん優良なカジノも非常に多いですが、詐欺やイカサマを行うような悪質カジノも残念ながら一定数存在します。そんな詐欺カジノと優良カジノを見分ける最も大事なポイント、それが「ライセンス」です。

このページでは、オンラインカジノの「ライセンス」について解説しています。

「ライセンスとは?」「どんな種類のライセンスがあるの?」「第三者機関って?」といった疑問を初心者の方でも分かりやすく解説しているので、この記事を読めば信頼性の高いカジノの探し方が一目で分かります。

オンラインカジノのライセンスとは?

「ライセンス」は、オンラインカジノを合法的に運営するための許可証のことを指します。

オンラインカジノを合法的に運営するためには、ライセンスを発行する国から許可証を取得する必要があり、そのために各国政府から非常に厳しい公式審査を受ける必要があります。

審査基準は各国によって異なりますが、どの国でも不正やイカサマが物理的に不可能であるカジノでなければ許可されません。特にお金の流れについては詳しくチェックされ、関連企業なども含め資金源に問題がないということが確かめられた場合に初めてライセンスが許可され、カジノ運営を認められるということになります。

つまり、ライセンスを発行されるカジノは安心安全な運営を国が定めた規制のもと行っていることが確認できる企業である、ということがわかります。

もちろん不正組織がライセンスを取得することはできませんので、ライセンスを所持していないカジノ運営は100%信頼してはいけないカジノということになります。

不正組織の中には流暢な日本語でサイトデザインも綺麗なカジノでプレイヤーを安心させて入金を仕向ける…といった輩もいますが、お金を引き出せない、イカサマをして不正に勝利金を没収する、といった詐欺サイトであるため絶対にプレイしてはいけません。

ライセンスを取得しているカジノは必ず公式サイトに記載していますので、最初に確認することを強くお勧めします。

当サイトで紹介するオンラインカジノはライセンスを取得し合法的に運営されており、実績や評判の良いカジノだけを掲載しています。

ライセンス発行国と信頼性

ライセンスを発行する国は複数ありますが、審査基準についてはそれぞれ異なります。

もちろんライセンスを所持しているカジノは信頼度が上がりますが、中には使用料を払えば審査をほぼ通過できるライセンスなども存在しているため、一概に全てのライセンスが信頼できるというわけではありません。

そこで、信頼性の高い7つのライセンスについて紹介します。

その中でも特に「審査が厳格なライセンス」「カジノが多く利用しているライセンス」など、各国の特徴についても解説します。

キュラソー

オランダ領キュラソー島にあるキュラソー政府の発行するライセンス「Curaçao eGaming」は、1999年から様々なオンラインカジノで利用されています。

審査の厳格性で言えばスタンダードといったレベルであり、他国のより厳格な審査と比較すると規制は緩めですが、当然ながら厳しいチェックを行い安全性が保たれています。

また、例えば「入出金に仮想通貨が利用できる」「幅広いプロバイダーのゲームを扱える」といったメリットが多いことから、他のライセンスからキュラソーに移った、という企業も多いです。

現在では日本向けオンラインカジノの過半数がキュラソーライセンスのもと運営されています。

  • ■ キュラソーライセンス獲得カジノ
  • ベラジョンカジノ、インターカジノ、ミスティーノ、カジ旅、カジノミー、ビットカジノ、エルドアカジノ、カジノシークレット、賭けっ子リンリン、など

マルタ

マルタ共和国にあるマルタゲーミング委員会(Malta Gaming Authority)が2000年から発行しているライセンスは、現在世界で最も取得・保持が難しいと言われています。

取得時に資金源・入出金の対応・ギャンブル依存症対策・不正行為への対応など様々な項目が詳しく調べられ、また一度審査に受かっても5年ごとに(もしくは不定期に)行われる継続審査によってライセンスが剥奪された…といった企業も少なくないほどです。

そのためカジノの規制も厳しく、入出金の上限額が低めに設定されていたり、仮想通貨を直接賭けることができなかったり、遊べるカジノゲームも制限されたりと利便性は少し下がります。

その分世界最高峰の信頼性を誇るカジノとなっているため、確実に信頼できるカジノをお探しの方はマルタライセンスのカジノが最もおすすめです。

  • ■ マルタライセンス獲得カジノ
  • ラッキーニッキー、ウィニングキングス、プレイオジョ、など

カナワケ

「カナワケ(カナワク)」という名前に聞き覚えがない方も多いと思いますが、これはカナダのモントリオール近郊にある北米先住民の居留地のことを指します。

インディアン法に基づき独自の自治権を獲得しており、1996年には「ゲーミングコミッション」が作られライセンスを発行するようになりました。

特にマネーロンダリングや不正組織の取引については厳しい取り締まりが行われており、厳格な審査を行っているライセンスではあるものの規制はそこまで厳しくないことから決済方法が豊富だったり決済スピードが優秀なカジノも多いです。

カナワケライセンスは他国のゲーミングコミッションとも協定を結んでいることから、カナワケと別のライセンスを取得しているカジノもあります。

  • ■ カナワケライセンス獲得カジノ
  • エルドアカジノ、など

ジブラルタル

「ジブラルタル」はイベリア半島の南東に位置するイギリスの海外領土で、ジブラルタル自治政府により運営されています。

そんなジブラルタルのライセンスである「HM Government of Gibraltar」は、取得難易度が他のライセンスと段違いなほど厳しいと言われています。

カジノに対する規制が厳しい…というのはもちろんですが、ジブラルタルのライセンスは更新のたびに高額なライセンスフィーが必要であり、またこれまでの運営実績が非常に重視されるからです。

そのため、ジブラルタルライセンスを取得できるオンラインカジノは長い歴史を誇っており、経済状況がとても安定しているハイグレードなカジノであることが分かります。

  • ■ ジブラルタルライセンス獲得カジノ
  • ウィリアムヒルカジノ、など

マン島

「マン島」もジブラルタルと同じくイギリスの海外領土として自治権を持つ島国です。

マン島はカジノ以外にもポーカーや麻雀、スポーツベットといったプラットフォームに対してもライセンスを提供しており、世界各国のギャンブリングサイトに幅広く利用されています。

ジブラルタルと同じくマン島のプラットフォームについても運営実績・運営資金が重視されるほか、責任者のリーダーシップが問われる独自の監査があるため取得難易度は非常に高く、日本向けオンラインカジノでマン島のライセンスを取得しているサイトはほとんどありません。

  • ■ マン島ライセンス獲得カジノ
  • 当サイトが紹介しているカジノにマン島のライセンスを取得・保持しているものはありません。
    ポーカープラットフォーム「ポーカースターズ」「GGポーカー」、麻雀プラットフォーム「DORA麻雀」などがマン島のライセンスを保持しています。

UK(ギャンブリングコミッション)

「UK」とはUnited Kingdom、つまりイギリスのことを指します。

イギリス政府が運営する「UK Gambling Commission」は1960年に設立された、世界で最も歴史の古いライセンス発行団体とされています。

イギリスのギャンブル委員会のライセンスは取得難易度が非常に厳しく、アンチマネーロンダリングやゲームの公平性といったプレイヤーを保護する機構のチェックはもちろん、資金管理の方法や入出金に関しても厳しく監査が行われ、ライセンスの認可率もかなり低めです。

その分UKギャンブル委員会のライセンスを保持しているカジノは非常に信頼性の高い企業であると言えるでしょう。

  • ■ UK(ギャンブリングコミッション)ライセンス獲得カジノ
  • ウィリアムヒルカジノ、ほか

オルダニー

「オルダニー」もジブラルタルやマン島と同様、イギリスの海外領土にあたる自治領です。2002年にギャンブルコントロール委員会が設立されて以降、世界各国のカジノライセンスを審査・認可しています。

オルダニーのライセンス規定はかなり明確に決められており、例えば「責任あるゲーミング(responsible gaming)」の項目ではプレイヤーが賭けられる金額や損失額の上限、自己排除期間などを自由に制限できる必要があると定められています。

またプレイヤーのクレジット(アカウント残高)については事業運営の口座とは別の口座で管理する…など、プレイヤーが安全に遊べるような仕組みを必須としており、信頼性の高いカジノのみが認可されるシステムとなっています。

  • オルダニーライセンス獲得カジノ
  • ライブカジノハウス

公平な第三者監査機関による定期検査や連携

ライセンスを取得した後も、ずっとそのライセンスを保持できるか…というとそうではなく、定期的に運営会社がカジノの監査を行い、問題が無いかチェックを行います。

このチェックを行うのは公平な「第三者機関」であり、このチェックをパスできなかったカジノは営業停止の措置を受けたりライセンスが剥奪されたり…といった厳しい対応が取られることもあります。

「第三者機関のチェック」についてはライセンスの更新を除けばカジノ運営に必須というわけではありませんが、当然ながらチェックを受けているオンラインカジノの方が信頼度が高いというのは間違いありません。

ライセンスを取得してしまえば後は不正を行っても大丈夫…といった悪質な態度のカジノで遊ばないためにも、第三者機関の存在はユーザーによって信頼度をチェックする重要なファクターと言えるでしょう。

カジノだけではなくソフトウェア会社も監査を受けいています

運営会社がライセンスを取得したり、第三者機関の監査を受けるのはオンラインカジノだけではありません。オンラインカジノにゲームを提供するソフトウェア会社(ゲームプロバイダー)も、ライセンスや第三者機関の監査を受けて認可される必要があります。認可が降りないゲームプロバイダーは、オンラインカジノにゲームを提供することができません。

オンラインカジノのスロットやテーブルゲームには、ゲーム結果をランダムかつ公平にプレイヤーに提供するために「RNG(ランダムナンバージェネレータ、乱数発生器)」を使用しています。乱数発生器を使用すると1秒ごとに何億回という規模で結果が出力されるので、プレイヤーのベットに対する配当をフェアにすることができます。このRNGについては第三者機関から24時間監視されており、もし人の手によって不正な結果が出力された場合はすぐに判明します。そのため、イカサマや不正ができない、という仕組みとなっています。

カジノがライセンスを取得し健全に運営されていたとしても、ゲームプロバイダーが不正をしていたのでは意味がありません。プロバイダーの不正防止のため、ソフトウェア会社自身が監査を受けライセンスを取得することも大事な要素と言えます。

主な第三者監査機関

オンラインカジノを監査する「第三者機関」は複数存在しますが、その中でも特に日本市場のオンラインカジノサイトで多く利用されている第三者機関について解説します。

第三者機関については特に「このブランドが良い」といった指標があるわけではありませんが、各機関の詳しい調査内容や歴史についても詳しく解説しているので、それぞれの組織の違いが明確に分かるようになっています。

eCOGRA(イーコグラ)

eCOGRAは正式名称を『e-Commerce and Online Gaming Regulation and Assurance』という、2003年に設立されたオンラインカジノ業界で最も有名な第三者機関です。

「ゲームの公平性」「トラブル対応」「勝利金の支払い」など様々な項目を監査し、認定の際には膨大なページ数の報告書を提出する必要があります。

一説によると「1回目の審査でパスしたオンラインカジノは存在しない」とも言われており、ライセンスを長年取得・保持しているカジノであっても落とされることで有名です。

さらに、新基準が定められた際は全てのカジノが再び審査を受ける必要があり、基準に満たない場合は認定をすぐに外されてしまいます。そのため、eCOGRAの審査を長年パスしているカジノはそれだけで信頼性が非常に高いと言えるでしょう。

また、eCOGRAの認定カジノでトラブルが発生した場合、eCOGRAが仲裁する形で相談することもできます。

トラブルの処理も行ってくれるeCOGRA認定カジノは、安心安全なカジノとして利用が可能です。

iTech Labs

iTech Labsは、特にオンラインカジノゲームが不正やイカサマなどを起こす可能性が無いかを綿密にチェックする第三者機関です。

2004年に設立され、現在は「NETENT」など大手プロバイダーのカジノゲームを監査しています。

監査内容は、RNG(乱数発生器)の仕様はもちろんのこと、「ゲームバランスが公平であるか」「還元率に則ってゲーム結果が出力されているか」「ゲーム結果と勝利金額が対応しているか」など、特にカジノゲームの仕様に関して非常に厳しくチェックされます。

Gaming Associates Europe

Gaming Associates Europeは、ヨーロッパはもちろんカナダやオーストラリアなど世界各地に拠点を構える第三者機関です。

スロットだけでなくテーブルゲーム、キノ、スクラッチといった幅広いゲームジャンルを取り扱うのが特徴とされており、ゲームの認証だけでなく各ゲームの機能が正しく動くかをテストする機構でもあります。

監査内容はゲームルールやグラフィック、またゲームのフィーチャーのテスト、シミュレーションテスト、RTPの計算、ゲームのランダム性・公平性の評価などが含まれ、ソースコード(プログラムの処理内容が記載されたテキストファイル)も確認の上認証が行われます。

GAMCARE

GAMCAREは「Gaming Care」、つまりカジノプレイヤーがギャンブル依存症になることを防ぐために自己コントロールを支援する団体です。

1997年にイギリスで設立され、公式サイトでは「依存症セルフチェック」「ギャンブルと付き合うための説明書」などを閲覧できます。

また、根本的にギャンブルを辞めたい、というユーザーのために「自己除外(自分でギャンブルサイトにログインできなくする)」や「ギャンブルサイトのブロック」ができるアプリの紹介も行っています。

このサイト自体はオンラインカジノを監視する第三者機関というわけではありませんが、ギャンブルと上手く付き合うために公式サイトで紹介しているカジノも多いです。このサイトの表示があれば、「短期の儲けよりプレイヤーの健康の方が大事」とカジノが考えている証拠とも言えます。

オンラインカジノを安心・安全に遊ぶために(まとめ)

最近人気の高まっているオンラインカジノですが、その分優良なカジノと悪質なカジノを見分けられないと詐欺被害に遭う危険性があります。

「どのオンラインカジノが安全なのか?」を見極めるためには、まずは必ずライセンスを確認しましょう。もちろん第三者機関の表示があればなお信頼性が高いと言えます。

ライセンスの表示が無いカジノは、絶対に遊んではいけません。

当サイトが紹介しているカジノサイトは、全てライセンスを保持しているため安心して新規登録・入出金・ゲームプレイが可能です。新規カジノの開拓の際は、ぜひ当サイトが紹介するオンラインカジノをご利用ください。

無料ボーナス特集

総額$550以上の無料ボーナスが貰える!まずはお得に始めよう!

   \限定特典多数/      今すぐチェック

関連記事

上の人(uenohito)

今回の記事を書いた人

こんにちは。ウエノヒトシと申します。皆からは「上の人」と呼ばれています。 ネットカジノJPの管理・運営全般を担当していて、サイト全体の更新とか、情報の発信が主なお仕事ですね。 ギャンブル歴は38年、オンカジ歴は7年です。 必勝法の研究にも日々取り組んでおり、いつの日か勝率100%の必勝法をご紹介できればと思います。