31システム法のイメージ

31システム法の使い方徹底解説!連敗確率などを徹底検証!

31システム法

31システム法とは?

「31システム法」とは、オンラインカジノのテーブルゲームやライブカジノで用いられる攻略法の一つです。

ルーレット・バカラ・シックボー(大小)などほとんどのテーブルゲームで利用できるので汎用性が高く、また連敗してもリスクが限定的なのでコツコツ利益を積み重ねるのに向いているマネーシステムです。

このページでは、「31システム法」の賭け方とそのシミュレーション、メリット・デメリットなどについて詳しく解説します。

2倍配当のゲームで使える

勝率1/2(50%)で2倍配当のカジノゲームを選ぶ

31システム法は、当たると2倍の配当が獲得できるゲームで利用できます。

そのため、ルーレットの赤/黒や奇数/偶数、バカラのバンカー、シックボーの大小、『クレイジータイム』の1など、様々なゲームで使える攻略法です。

なお、バカラでも当たると1.95倍になるバンカー、追加ベットが必要な場合があるブラックジャックなどでは使用できません。

ただし、ノーコミッションバカラであればバンカーも使用できます(6で勝利した場合は引き分け扱いとしてください)。

コツコツ派に向いている

31システムは、リスクを抑えて勝利を狙う攻略法です。

最大9回の勝負のうちどこかで2連勝すれば利益が確定する上、もし9連敗しても31ドル(1ユニット=1ドルの場合)の損失で抑えられます。そのため、コツコツ利益を獲得したいプレイヤーの方におすすめです。

ただし、2連勝した時点でセットが終了するので、更なる連勝で大幅な勝利を狙いたいプレイヤーの方は、「パーレー法」など他のシステムベットをご利用ください。

31システム法の賭け方

次の項目で31システム法の賭け方について解説します。31システムは慣れれば簡単にできるべッティングシステムですが、ルールを読むだけでは少し分かりにくいと思います。

そのため、31システム法を実際に使用したシミュレーションも併せて記載しています。慣れるのに時間がかかる攻略法ですので、最初はテーブルゲームの「無料プレイ」や「ベラジョン無料版」「カジ旅フリー」などの無料版サイトを利用して賭けてみるのがおすすめです。

31システム法のルール・やり方

31システム法のルール

31システム法は、最大9回の勝負で1セットとなる攻略法です。全て勝負を行った場合合計で31ドル(1ユニット=1ドルの場合)ベットすることから31システムと呼ばれています。

①まず、1ユニットの金額を決めます。この数字が最初の賭け金となります。説明では、1ユニット=1ドルとして扱います。

②以下の数列を用いてベット額を決定します。

1-1-1-2-2-4-4-8-8

1回目は、数列の一番左にある「1」、つまり1ドルをベットします。

③負けた場合は、次に数列を1つ右に移動し、「1」つまり1ドルをベットします。同じように、負けた場合は必ず数列を1つ右に移動するだけです。

④勝った場合、以下の表の1つ下に移動します。

31システム法のルール

数列の「1-1-1」がAグループ、「2-2」がBグループ、「4-4」がCグループ、「8-8」がDグループとなり、Aグループで勝利するとBグループに、Bで勝利するとCに、Cで勝利するとDに移動します。D-1で勝利した場合のみ、D-2へ移動します。

 

⑤勝ってグループを移動した後、もう一度勝つことができれば31システムは成功です。賭け金をリセットし、数列の左端からスタートします。「勝った後負けた」場合は、数列を1個右に移動します。

⑥どのタイミングでも2連勝できず、Dグループ最後の「8」まで到達してしまうと31システムは失敗となります。

31システム法の実践シミュレーション

31システムについて説明しましたが、ルールを聞いてもあまりピンと来ない方も多いのがこの攻略法です。

そのため、実際に31システム法を用いたシミュレーションについて解説します。

31システム法のルール

今回はバカラのプレイヤーにベットし続け、1回目からの勝敗が「負け、負け、勝ち、負け、負け、勝ち、勝ち」の場合を考えます。

1ユニット=1ドルです。

表に従ってベット額の動きを確かめてみましょう。

①A-1のベット(1ドル)で負けたので、次の勝負は右に移動してA-2となります。

②A-2のベット(1ドル)で負けたので、次の勝負は右に移動してA-3となります。

③A-3のベット(1ドル)で勝ったので、次の勝負は下の一番左に移動してB-1となります。

④B-1のベット(2ドル)で負けたので、次の勝負は右に移動してB-2となります。

⑤B-1のベット(2ドル)で負けたので、次の勝負は右に移動…したいのですが、右には数字が無いので下に移動してC-1となります。

⑥C-1のベット(4ドル)で勝ったので、次の勝負は下の一番左に移動してD-1となります。

⑦D-1のベット(8ドル)で勝ち、2連勝を達成したので31システムは成功です。

手順は最大9回なので、そこまで難しい動きでは無かったのでは無いでしょうか? 数列が際限なく伸びる可能性のあるモンテカルロ法などとは異なり、9回以内で必ず決着が付くのも31システムのメリットと言えます。

また、3勝4敗ながら7ドルの利益が出ました。31システムでは必ず2連勝した段階で利益が発生します。たとえ7連敗しても、最後の2回で連勝すればプラスになるので、守備力の高いベッティングシステムと言えるでしょう。

ただし、2連勝で「利確」を行う攻略法のため、1ユニットの金額が少ない場合、1回の成功では大きな利益を望むことはできません。

31システム法を使うメリットとは

たとえ9連敗しても損失は$31(の倍数)

31システム法のルール

31システムのメリットは、「リスクが厳格に管理されていること」です。

9回の勝負で全て負けたとしても、1セットでの損失は31ユニットに止まります。1ユニット=1ドルの場合31ドル、最初の賭け金を10ドルと高く設定しても310ドルの負けで済みます。

また、2倍配当のゲームで9連敗というのはかなり可能性が低く、損失が出ても大抵の場合31ユニット未満となります。最大の損失額が見えているため、安心してプレイできる攻略法と言えるでしょう。

31システム法を使うデメリットとは

勝ち負けを交互に繰り返すと利益が出ない

31システム法のルール

31システムでは、勝ち負けが交互に続いた(テレコ)場合、利益はトントン、もしくはマイナスになります。

これもマーチンゲール法・ココモ法や、2倍配当の場合理論上3回に1回勝利できればプラスになるモンテカルロ法などに比べると、一見負けてはいないのに利益が出ないという意味ではデメリットと言えるでしょう。

どこかのタイミングで必ず2連勝を決め、利確を行う必要があるマネーシステムとなっています。

2連勝しないと利益が出ない

31システムは、2連勝を前提とした攻略法です。

最大9回の勝負のいずれかのタイミングで、必ず2連勝をしなければ利益は確保できません。そして、2連勝しないままD-2まで到達してしまうと、「必ず」失敗となるシステムです。

逆に言えば、やめ時(ロスカット)が決められている攻略法なので、大きなロスには繋がりにくいと言えます。

しかし、1勝で必ず利益が出るマーチンゲールやココモ法と比べると負ける確率が高いとも言えるでしょう。

31システム法のまとめ

「31システム」法は、ルーレット・バカラなど様々なテーブルゲームやライブカジノで利用できる攻略法で、1セットの中で2連勝を達成することで必ず利益が発生するマネーシステムです。

慣れるまでは難しい攻略法ですが、1セットが必ず最高で9回の勝負になっていることから時間効率が良く、どれだけ負けても1セットの最大損失額が確定していることから、安心してプレイできるベッティングシステムとなっています。

gotoTop