ポーカーのゲームイメージ

ポーカーにはテーブルゲームとゲームソフトの2種類があり、ルールも遊び方も異なります。

POKER

ポーカーのルール

ポーカーのプレイイメージ

ポーカーで勝利するためのルールはとても単純で、「強い役を作る」だけです。

他のプレイヤーと戦うポーカー(テキサスホールデム・スタッドポーカーなど)は他のプレイヤーより優れた役を作ったプレイヤーが勝利、1人で勝負を行うビデオポーカーの場合強い役を作るほど大きな配当を獲得できます。

対人ポーカーの流れを説明すると、まずプレイヤーは参加料(アンティ)を支払います。その後、カードが配られ、その手札に応じてベット額を上げたり、手札が弱いと思ったら降りたりと言ったアクションを行います。

最終的に、降りなかったプレイヤーが手札を公開し、最も役が強いプレイヤーがそのゲームで賭けられていたチップを総取りします。

ポーカーの役については、「ポーカー役一覧」のページに記載しています。基本的に一覧の役以外にはハンドで作れる成立役は無いのですが、対人ポーカーではない「ビデオポーカー」の場合、ワイルドとなるカード(ジョーカーなど)が配られることがあります。その場合、「同じ数字のカード4枚+ワイルドカード(3枚+ワイルドカード2枚などもOK)」であるファイブカードがロイヤルストレートフラッシュよりも強い役となります。

ポーカーの種類

ポーカーの種類

オンラインカジノでは大きく分けて2種類のポーカーがあり、プレイヤー同士が戦う「ライブポーカー(単にポーカーとも呼ばれます)」と1人で勝負を行う「ビデオポーカー」があります。

さらに、一口にライブポーカーと言ってもルールなどが全く異なる多くの種類のゲームが存在します。

日本では、カードが5枚配られ、1回だけ手札の交換を行う「5カードドローポーカー」と呼ばれるゲームが馴染み深いですが、世界で主流のポーカーゲームは「テキサス・ホールデム(テキサスポーカー)」と呼ばれるゲームです。

後述しますが、これは手札と全員が共有するカードの中から強い5枚を選んで役を作る仕組みとなっており、近年ではポーカーゲームの8割ほどがホールデム系のゲームと言われています。

テキサス・ホールデム

テキサスホールデムをプレイするイメージ

「テキサス・ホールデム(テキサスポーカー)」とは、最初に手札が2枚配られ、それと各プレイヤーが共通して使うことのできる共有札「コミュニティカード」が5枚配られます。

手札とコミュニティカードの合計7枚の中から好きなカードを5枚選び、その中で役を競うというルールで行われるポーカーゲームです。

1回の勝負の中で4回のベッティングラウンドがあり、初心者には少々難しいルールとなっていますが、世界中で親しまれており大変多くのプレイヤーと楽しめるので、ポーカーゲームの中では最も人気のあるゲームです。

ビデオポーカー

ビデオポーカーのイメージ

「ビデオポーカー」とは、プレイヤー同士で戦うゲームではなく、コンピュータが自動的にカードを配り、そのカードを取捨選択して強い役を出すことを目指す1人用のカジノゲームです。

日本でも馴染みの深い、5枚のカードが配られその中から交換するカードを選ぶ「5カードドロー」式のポーカーで、交換後の手札によって配当が支払われます。

最高役のロイヤルストレートフラッシュが出れば800倍の配当が手に入るほか、最適手順を実行すれば最高99.9%以上の還元率を誇る機種も!

地味な機種ではありますがとても負けにくく、特にベテランのカジノプレイヤーに広く親しまれるゲームとなっています。

ポーカー用語集

オールイン
ノーリミットホールデムやトーナメントなどで、手持ちのチップ全てをベットすること。オールインしたプレイヤーはその後アクションが出来ず、必ずショウダウンを行う必要がある。
コール
プレイヤーが取れるアクションのうち、ベットもしくはレイズされた賭け金と同額をベットし、引き続きゲームに参加すること。
ショウダウン
最終ラウンドが終了し、プレイヤーの手札を公開して勝敗を決めること。先に出された手札に勝てない場合、手札を公開せず負けを認めても良い(そのアクションを「マック」という)。
チェック
誰もベットを行っていないラウンドでプレイヤーが取れるアクションの一つで、チップを賭けずにパスをすること。引き続きゲームには参加できる。
ディーラーボタン
誰がディーラーかを示すボタン。「ディーラー」の左隣にいる人(スモールブラインド)から第2ターン以降のベッティングラウンドが開始される。1ゲームごとにディーラーは左隣に移動する。
ベット
プレイヤーが取れるアクションのうち、各ベッティングラウンドの最初にチップを賭けること。未だ誰もチップを賭けていない時にのみ実行可能。
フォールド
プレイヤーが取れるアクションのうち、負けを認め勝負を降りること。その時点でゲームへの参加は出来ないが、それ以降のベット・レイズなどの賭け金について支払う必要がなくなる。
ブラインド
ディーラーの左隣のポジションを「スモールブラインド(SB)」、その左隣を「ビッグブラインド(BB)」と呼ぶ。SBやBBは、プレイ開始前に規定のチップを強制的にベットする。
ラウンド
「ベッティングラウンド」の略で、プレイヤーがアクションを行うターンのこと。テキサスホールデムには4回のラウンドがあり、順番に「プリフロップ」「フロップ」「ターン」「リバー」と呼ばれる。
レイズ
プレイヤーが取れるアクションのうち、それまでの賭け金にチップを上乗せして賭けること。基本的には前のベット額の等倍以上の賭け金がミニマムレイズ額となる。

gotoTop