パーレー法のイメージ

パーレー法(逆マーチンゲール法)の使い方徹底解説!短時間で稼ぐ攻略法を検証!

パーレー法

更新日:

パーレー法とは?

「パーレー法」は、ルーレットやバカラなど、テーブルゲームをプレイするときに利用できる「必勝法・攻略法」の一つで、もっとも有名な「マーチンゲール法」と反対の方法のため「逆マーチンゲール法」と呼ばれています。

基本的には勝った場合、次の勝負でベット額を二倍にしていく方法です。

少ない資金でも始められる、失敗しても損失が少ない、資金が増えるのが早い、といった多くのメリットがあり、特に勝ちにこだわるプレイヤーがよく使うベッティングシステムとなっています。

勝率1/2(50%)で2倍配当、独立事象のカジノゲームを選ぶ

勝率1/2(50%)で2倍配当、独立事象のカジノゲームを選ぶ

「パーレー法」はテーブルゲームの中でも、「ルーレット」の赤/黒や奇数/偶数、「バカラ」のプレイヤー、「シックボー」の大小など、勝利すると配当が2倍になるゲームのみで利用することができます。

そのため、バカラでもバンカーにベットしたり、追加ベットが必要な場合があるブラックジャックで利用するのはお勧めできません。

また、過去のゲームが現在のゲームに直接影響しない「独立事象」のゲームを選ぶのがおすすめです。

そのため、ルーレットやシックボーなどのダイスを使ったゲームなどが適していきます。バカラは厳密には独立事象ではないのですが、前の結果で得られる情報が少ないため利用できます。独立事象にこだわりたい場合は機械で抽選される非ライブのバカラを利用しましょう。

パーレー法の賭け方

「パーレー法」はマーチンゲール法と逆の手順を行うだけなので、マーチンゲールをご存知の方は全く問題なく遊べます。

また、手順自体が非常にシンプルなので最初からパーレーを利用しても全く問題はありません。ただし、マーチンゲール以上に「やめ時」が重要なベッティングシステムなので、事前にやめ時については決めておく方が良いです。

次の項目では、パーレー法の使用方法、そして実際にシミュレーションを行いその結果について解説します。

パーレー法のルール・やり方

パーレー法のルール

①最初の賭け金(「ユニット」と呼びます)を決めます。説明では1ユニットを「1ドル」として説明します。

②1ドルをベットし、ゲームで勝負します。負けたらその時点でパーレー法は終了となり、リセットして次のセットへ移ります。

勝った場合、前回ベットしていた金額の2倍(2ドル)をベットします。

もう一度勝った場合、前回の倍額(4ドル)をベットします。これを繰り返し、負けるたびに前回のベット額の2倍を賭け金にして勝負します。どこかのタイミングで負けるとパーレー法は終了し、賭け金をリセットして次のセットに進みますが、どのタイミングでもセットを開始して終了するまでの損失は1ドル(1ユニット)となります。

⑤事前に「この連勝数まで到達したらやめる」と決めておき、到達した段階でパーレー法は成功です。プレイを続ける場合、賭け金をリセットしてスタートします。

パーレー法で10回連続当たりまでの確率と利益

下記の表はルーレットの「赤・黒」のような確率1/2のゲームに$1を賭けて10回連続当たるまでの確率と利益を表しています。

10回連続で当たれば、$1が$1024まで膨れ上がります。確率は低いですが、バカラでは一方が勝ち続けるようなケースもよく見かけます。チャレンジするのも面白いでしょう。

パーレー法は少額のベットでも大金をつかむ可能性があります。夢がありますね!

※確率は小数点以下3位まで以降切り捨て

回数 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
確率 50% 25% 12.5% 6.25% 3.125% 1.562% 0.781% 0.390% 0.195% 0.097%
勝金
(利益:)
$2
(利益:$1)
$4
(利益:$3)
$8
(利益:$7)
$16
(利益:$15)
$32
(利益:$31)
$64
(利益:$63)
$128
(利益:$127)
$256
(利益:$255)
$512
(利益:$511)
$1024
(利益:$1023)

パーレー法の実践シミュレーション

この項目では実際にパーレー法を使ってルーレットにベットしたシミュレーションを行い、その結果について考えることにします。

今回は、ルーレットの赤に賭け続け、1・2・3回目は赤、4回目は黒、5回目は赤が出たため、4回目のみ負け、他の勝負では勝ちとなりました。

その時の賭け金や損益の分布が下記の表でまとめられています。

ゲーム回数 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
ベット額 $1 $2 $4 $8 $1
勝敗 勝ち 勝ち 勝ち 負け 勝ち
収支 +$1 +$3 +$7 -$1 ±$0
  • 1回目:ルーレットで「赤」に$1をベットして勝利
  • 2回目:ルーレットで「赤」に$2をベットして勝利
  • 3回目:ルーレットで「赤」に$4をベットして勝利
  • 4回目:ルーレットで「赤」に$8をベットして負ける
  • 5回目:ルーレットで「赤」に$1をベットして勝利

3回目までは勝利金額が増えており、それに伴い利益も一気に大きくなっています。

次のゲームの4回目に負けるとその利益が全て失われて-1ドルとなりました。

しかし、逆の見方をすればどのような状況下で負けとなってもパーレー法は必ず「最初の賭け金」分の損失しか出しません。積み重ねた利益を犠牲にすることで、回収不可能なほどのマイナスになることは無いと言えます。

また、連敗時もマーチンゲールなどと異なり、必ず1ドルずつ(1ユニット=1ドルの場合)しか損失が発生しないので、ある程度安心して連勝に挑戦できるといったメリットがあることが分かります。

3連勝の後を考えてみると、もし4連勝していれば15ドルの利益が出ました。

そして、もし「3連勝でやめる」というルールを適用していれば、+7ドルを回収できたことが分かります。そのため、やめ時が非常に重要であることも分かります。

初心者の方は、3連勝〜5連勝あたりを目安にパーレー法を利用するのがおすすめです。

さらに詳しい実践・検証ページはこちら!

パーレー法を使うメリットとは

守備力に特化したマーチンゲール法とは反対の手順を行うパーレー法が「攻撃力に特化した攻略法」であることはある程度ルールを把握した方ならお分かりだと思います。

そのため大勝を目的としてテーブルゲームを遊ぶプレイヤーにはもちろん人気なのですが、パーレー法にはそれ以外にも隠されたメリットがあり、実はかなりの愛好者がいるのも事実です。次の項目ではパーレー法を使う際のメリットについて解説します。

少ない資金でも連勝すれば大きく勝つ事が出来る

パーレー法の最初のメリットとして、「連勝すれば少ない資金でも大きく稼げる」という点が挙げられます。残高が許容できる連敗数を決めるため資金が多いほど良いマーチンゲール法に対し、パーレー法は最初の資金が少なくても全く問題ありません。

また、最初の賭け金が「1ドル」だったとしても、5連勝で+31ドル・7連勝で+127ドルと100ドルを超え、10連勝で1,024ドルもの利益を獲得できます。最初の賭け金が10ドルなら10連勝で1万ドル以上!

「連勝」を前提とする攻略法の中で最も爆発力を秘めたマネーシステムとなっています。

資金の増えるスピードが速いので時短勝負が可能

資金の増えるスピードが速いので時短勝負が可能

また、じっくりとゲーム数をかけて資金を増やす攻略法と異なり、パーレー法は1回連勝するごとに利益が倍々に増えていきます。そのため、早めに目標連勝数まで達成すればすぐに大きな利益が出るので、時短で勝負することができます!

ボーナス購入が可能なスロットや通常時を高速でプレイできる機能など、時短機能が人気の現代カジノにおいて、パーレー法はまさにプレイヤーのニーズに合った攻略法と言えるでしょう。

また、手順が簡単なこともあり、初心者にもおすすめのベッティングシステムです。

失敗しても損失が少ない

また、意外なメリットとしては、「1回負けた時の損失が少ない」ことが挙げられます。どんな連敗をしようとも、連勝が途切れたとしても、1敗で失うお金は「最初の賭け金」のみなので、勝負しやすいのがパーレー法の特徴です。

連敗することも連勝することも含めてテーブルゲームなので、大きな連敗をすると負けとなるマーチンゲールより、大きな連勝を重ねてドカンと利益を増やすパーレーの方が、「ギャンブルを楽しむ」ためのツールとしては人気と言えるでしょう。

「コツコツ利益を増やしたい」という方はマーチンゲールなど守備力の高い攻略の方が向いている可能性が高いです。

パーレー法を使うデメリットとは

続いて、パーレー法を使用する時のデメリットについて解説します。

パーレー法は使いやすく爆益が狙える攻略法ですが、その分勝率が低く、また「もっと利益が欲しい」「もう利確したい」といった自分の気持ちと常に背中合わせです。

事前にデメリットや注意点を把握し、プレイ前に必ずパーレー法のやめ時や損切りラインを決めてから遊ぶことをおすすめします。

1度負けると稼いだ利益がゼロになる

1度負けると稼いだ利益がゼロになる

パーレー法は、「勝利するごとに利益が2倍になる」攻略法ですが、それと引き換えに「1回の負けで必ずマイナスになる」ことに注意が必要です。

これは1回勝つと必ずプラスになるマーチンゲールとは逆の効果と言えます。5連勝、7連勝、10連勝…と連勝が繋がるごとに利益が倍々になり、例えば9連勝で「511ドル」の利益だったのがもう一度勝つ(10連勝)と「1,023ドル」の利益(1ユニット=1ドルの場合)に膨れ上がりますが、負けたら全ての利益が無くなります。

ある程度利益を残したい…という場合は、利確する連勝数を下げると良いでしょう。

連続勝利が必須だが、確率は低くなっていく

パーレー法で利益を出すには連勝が必須です。しかし、連勝の確率はどんどん細くなっていきます。例えば「ルーレット」で黒に賭けた場合を考えると、黒に入る確率は48.65%です。そのため、連勝する確率は以下の通りです。

3連勝 5連勝 7連勝 10連勝
11.51%
(1/8.7)
2.72%
(1/36.7)
0.64%
(1/155)
0.074%
(1/1347)

カジノゲームには「ハウスエッジ」と呼ばれるカジノ側の取り分があるため、勝利で2倍配当が獲得できるゲームの勝率は50%未満です。そのため、連勝の確率はその分細くなると考えた方が良いでしょう。

勝ち逃げするポイントを見失いやすくなる

パーレー法には「明確なやめ時」といったものが存在しません。そのため、自分で「○連勝したらやめる」と決める必要があります。

しかし、事前にそう決めておいても、実際に実行するには勇気が要ります。

例えば、5連勝で利確と決めて実際に5連勝を達成した時、「5連勝したら6連勝もできる」といった思い込みでベットして負け…といった例は後を絶ちません。

逆に、「7連勝で辞める」と決めておき、5連勝・6連勝と達成した時に「もうここでやめよう」と利確し、次も勝っていた…という例もあります。これは利益が出ているので失敗とは言えませんが、心残りになるのも事実。事前に決めた「利確ライン」は必ず守りましょう。

グランパーレー法を使って一気に勝ち抜く!

グランパーレー法のやりかた

「グランパーレー法」は、パーレー法の攻撃力をさらに引き上げたマネーシステムで、「勝つごとにベット金額を2倍にし、さらに最初のベット金額を足す」という攻略法です。

パーレー法は連勝するごとにおよそ2倍の配当が手に入りますが、グランパーレー法では最初の賭け金を1ドルとしても

・2連勝…+4ドル

・3連勝…+11ドル

・5連勝…+57ドル

と、2倍以上の収益が出ます。連勝時により大きく利益を獲得したい場合、グランパーレー法がおすすめです。

連勝回数を決めて勝負する

パーレー法はいつ負けても損失は一定ですが、グランパーレー法は連勝が続くと負けた時に損失が増えます(勝利時の利益の増え方と比べると微々たるものですが)。

通常のパーレー法と比べると動く金額が大きいので、連勝回数・損切りラインといった基準は必ず事前に決めておくことをお勧めします。

グランパーレー法のメリット・デメリット

一回の負けで追加ベット分まで失う

グランパーレー法は、パーレー法に少しリスクを追加することでパーレー法よりも大きな利益を掴むことができる攻略法のため、連勝すると大幅な利益が見込めます。

デメリットとしては、パーレー法と違い連勝が続くと負けた時に損失が増えること、また勝ち逃げのポイントを決めないと利益が出にくい点が挙げられます。

パーレー法のあれこれ

最後に、パーレー法の豆知識や、「知っておいた方が良い情報」についての解説です。

パーレー法は手順こそ簡単なものの、自分で決めることが多いのでマーチンよりは気軽に行えない方が多いです。

そこで、パーレー法についての”あれこれ”についてまとめて解説しましたので、ぜひご覧ください。

パーレー法のやめ時(利益確定)はいつ?

パーレー法を使う時は、「もっと利益が欲しい」や「早く利確したい」と言う気持ちが逸り失敗しがちです。初心者の方であれば「3連勝〜5連勝」の間が最も使いやすいやめ時でしょう。

特に「3連勝」を目指すなら、流石に1勝・2連勝で利確したい気持ちは起きにくいのでオススメです。自らを律せるようになり、もっと大きな利益を得たいと言うプレイヤーの方は6〜8連勝を目指すのも良いと思います。

下記表は1勝~10連勝までの確率を表したものです。10連勝以上は茨の道です。

1勝 2連勝 3連勝 4連勝 5連勝
50% 25% 12.5% 6.2% 3.1%
6連勝 7連勝 8連勝 9連勝 10連勝
1.6% 0.8% 0.4% 0.2% 0.1%

パーレー法とマーチンゲール法を組み合わせて使う方法

「マーチンゲール法」をご存知であれば、パーレーとマーチンを組み合わせたマネーシステムも人気があります。

連勝・連敗が続くごとに賭け金を2倍にすることで、大幅な利益も圧倒的な守備力も得られるという画期的な攻略法です。詳しくは「マーチンゲール法」のページでご確認ください。

gotoTop