ペイアウト率が高いと勝てる?97%のオンラインカジノは本当に稼げるのか解説

オンラインカジノの勝率に大きく関係すると噂されているのが「ペイアウト率」です。
SNS上では連日、「○☓カジノはRTP(還元率・ペイアウト率と同義)の数値を高くしたぞ」や「絶対この公表RTP嘘だろ、めちゃくちゃ負けた」などの関連投稿がひしめきます。
そんな熱い視線が注がれるペイアウト率に対し、正しい知識や各カジノのペイアウト率のチェック方法まで最新情報をまとめました。

1項目3分で読める記事です

ネットカジノ限定ボーナス

【当サイト限定】登録で無料ボーナス!

【当サイト限定】登録で無料ボーナス!

総額$550以上のネットカジノ.jp限定無料ボーナスが貰えます!
まずは登録してお得にオンラインカジノを始めて下さい!

無料ボーナス特集はこちら

ペイアウト率とは

ペイアウト率とは

ペイアウト率とはプレイヤーが投入した賭け金に対して、どのくらいの配当が戻ってくるかをパーセンテージで表現したものです。
RTP(還元率)とも呼ばれます。
ギャンブルは大勝するときもあれば負け続けるときもあるため、ペイアウト率は膨大なベット数から平均値を抽出してて表現しています。

一時的な誤差はあるものの、長い時間(それこそ人生を費やすほどの)を賭け続けるとペイアウト率通りの払い戻しに結果が収束してくるというわけです。

ペイアウト率は高い方がいい?

このペイアウト率が100%に近いほどプレイヤーへの払い戻しが大きくなりますので、96%や98%などの高ペイアウト率のゲームを探すことが重要です。
高ペイアウトのゲームが勝ちやすいのは確かなのですが、残念ながら負けるときは負けます。
そしてペイアウト率が常に100%以上のゲームは存在しません。
ペイアウト率100%の設定は必ずプレイヤーにベット額以上の賞金が払い出されることを意味し、胴元の利益がゼロになります。
また、プレイヤーの必勝は偶然の事象を予測して賭けるというギャンブルの原則を崩しますので、ペイアウト率が100%を公言することはあり得ません。
「ペイアウト率100%越え!」という謳い文句が掲載されているカジノや攻略法の情報販売は怪しいと疑ってかかったほうがよろしいでしょう。

ペイアウト率の計算方法

ペイアウト率は、払い戻された金額を賭けた金額で割った数字に100を掛けることで算出されます。
例えば、100ドルを賭けて98ドルの払い戻しがあれば、ペイアウト率は98%となります。

ギャンブルごとのペイアウト率

ギャンブルごとのペイアウト率

公営ギャンブルの競馬や競艇、パチンコ、そしてカジノゲームに設定されたペイアウト率を下の表で紹介しています。
他のギャンブルに比べ、オンラインカジノのペイアウト率は遥かに高く設定されていることがよくわかると思います。
なぜ同じギャンブルでもこのような違いが起こるのか、その理由を探っていきます。

公営ギャンブルのペイアウト率

パチンコ・パチスロのペイアウト率は85%で、ホールの運営費や新台の導入費用などがかかります。
ベラジョンカジノのパチンコ館のようなスタイルなら費用は格段に抑えられます。公営ギャンブルの競馬は70〜80%、競輪・競艇は75%です。
どの公営ギャンブルもレース場の運営費に多額の経費が必要となります。
最後は宝くじでペイアウト率は45%しかありません。
最近はユーチューバーが宝くじを大量購入する企画がチラホラありますが、結果は爆死に近いものがほとんどです。
ペイアウト率が如実に反映されているといえるでしょう。

カジノゲームのペイアウト率

カジノゲームのペイアウト率はブラックジャックが約99〜101%、バカラが約99〜98%、ビデオスロットが平均95%となっています。
ルーレットはアメリカンルーレットなら94.7%でヨーロピアンタイプなら約98%です。
スクラッチカードやキノのようなロッタリータイプのカジノゲームは80%台とペイアウト率は低い部類なので、他のゲームと比較すると勝ちやすいゲームとはいえません。
ですが、スクラッチカードもキノも独特の面白さがあり、短期ペイアウト率を無視した高額当選を引けるという夢が存在しています。

ハウスエッジ(控除率)とは?

控除率(ハウスエッジ)は、ギャンブルを取り仕切る胴元側への配分をパーセンテージで表したものです。
カジノを含めたギャンブルの運営には人件費や電気代などの経費がかかりますので、控除率は胴元な正当な利益として得るのは当然です。
この控除率はすべてのゲームに設定されているため、最終的には胴元が儲かるように出来ているのがギャンブルです。
ステークカジノではほぼ全てのゲームにエッジ(ハウスエッジ)が表示されるので、できるだけエッジの低いゲームを探してみるのも一興でしょう。

控除率(ハウスエッジ)とペイアウト率の違いは?

上記のハウスエッジを逆にしたものがペイアウト率です。
ハウスエッジがカジノの取り分なら、ペイアウト率はプレイヤーがベットした金額に対し、どれだけの金額が払い戻されるかと比率を表しています。
このようにハウスエッジと還元率は逆の意味を持っています。
例えば、ステークカジノでエッジが4.5%表記のスロットがあったとしたら、そのスロットのペイアウト率は95.5%となります。
100%からペイアウト率を引けば控除率が、控除率を引けばペイアウト率が算出できるようになります。

あわせて読みたい
ギャンブルを還元率で比較!勝てる・稼げるギャンブルはどれ?

気軽に遊べるパチンコ・パチスロ、万馬券や万舟を目指す競馬・競艇、当たれば億単位のお金も夢ではない宝くじや……

オンラインカジノのペイアウト率が高く勝てる理由

オンラインカジノのペイアウト率が高く勝てる理由

それでは、なぜオンラインカジノだけがずば抜けて高いペイアウト率を設定できるのでしょうか?
その秘密はオンラインカジノが実在する店舗を持たないインターネット上に存在するカジノだからです。
Amazonなどのeコマースサイトが勃興し、有名百貨店が廃れていく現状にも似た構図を詳しく説明していきます。

運営費用が低く抑えられるからペイアウト率が高い

オンラインカジノが高いペイアウト率を設定できるカラクリは、公営ギャンブルやランドカジノより運営費用が安く抑えられるからです。
マカオやラスベガスのような実在するカジノは実店舗を運営するために人件費・家賃・電気代・警備代など巨額の運営費がかかります。
そのため、ペイアウト率を低く設定してプレイヤーへの払い戻しを少なくして収益を増やす必要があります。

しかし、実店舗を持たずに営業できるオンラインカジノは運営費用を低く抑えることができます。
節約した運営費用をプレイヤーへ還元することで「あのオンラインカジノは勝ちやすい」と評判となり、より多くのプレイヤーを呼び込むことに繋がります。
プレイヤーは高ペイアウト率のゲームでギャンブルができるため勝率が上がり、オンラインカジノ運営側は顧客拡大を狙えるというウィン・ウィンの関係が成り立っているといえるでしょう。

ペイアウト率の偏り(ボラティリティ)がカギ!

いくらペイアウト率が100%に近くても、控除率は必ずありますので必ずカジノ側が勝つことが決定されています。
しかし、そこにボラティリティという偏り・変動が存在することで、短期的に100%を越えるペイアウト率を叩き出すこともありえるのです。
そのまま長期間ずるずる遊んでいるとペイアウト率に沿った払い戻しとなるのですが、大きく勝ったときにギャンブルを止めることによってペイアウト値以上の大勝利を獲得することも不可能ではありません。

ペイアウト率の高いオンラインカジノのゲーム3選

ここではペイアウト率の高いオンラインカジノのゲームを3つ紹介します。
長時間粘ることで稼ぎやすいのはテーブルゲームですが平静を保てない人には向いていません。
その場合はスロットゲームをプレイし、勝ち負け関係なくカジノをエンジョイすることをオススメします。

ブラックジャック(約99~101%)

ブラックジャック(約99~101%)

トランプカードを使うブラックジャックは基本的にペイアウト率が高いゲームです。
そしてBJにはベーシックストラテジーという行動の早見表のようなものが存在します。
ベーシックストラテジーに従ってプレイすることで勝率を上げることが可能となります。
逆にベーシックストラテジーに反したプレイでは大きくペイアウト率が下がるので注意しましょう。
ブラックジャックのベーシックストラテジーの詳細は下記をご覧ください。

あわせて読みたい
ブラックジャックのベーシックストラテジー(基本戦略)の覚え方をカンタン解説

9分で読める記事です 「ベーシックストラテジー」とは、オンラインカジノの定番テーブルゲーム「ブラックジャ……

バカラ(約99~98%)

バカラ(約99~98%)

カジノの華形であるバカラは、高ペイアウト率のトップクラスに位置するテーブルゲームです。
プレイヤーに賭けた場合はペイアウト率98%、配当から5%の手数料が引かれるバンカーならほぼ99%のパイアウト率となります。
このバンカーの手数料が無い「ノーコミッションバカラ」はさらにお得にバカラを遊ぶことができます。
様々なタイプのバカラが存在するので、それぞれのペイアウト率(RTP)を情報ページでチェックしてから遊んでみましょう。

あわせて読みたい
【オンラインバカラ】ルールや遊び方を初心者にも分かるように徹底解説

6分で読める記事です バカラはカジノで最も人気が高いゲームです。 自分でカードを操作することは無く、「プ……

スロット(約95%)

スロット(約95%)

スロットへペイアウト率の偏りが大きく、ハイボラティリティ(変動率)の機種では「全体としてのペイアウト平均値は低いが、大当たりすればベット額の数万倍が払い戻される」という事が起こり得ます。
また、スロットの中にもペイアウト率が高い機種が存在します。
高ペイアウト率のスロットは勝ちやすいのですが、カジノによってはボーナス中のプレイ禁止機種に設定されている場合もありますので注意しましょう。

あわせて読みたい
オンラインカジノのスロットマシンガイド | 遊び方と種類を解説

オンラインカジノで最も人気のあるゲームといえばオンラインスロットです。 現在までに数千種類がリリースされ……

ペイアウト率の高いオンラインカジノの選び方

ペイアウト率はすべてのオンラインカジノが右にならえで同じではありません。
各カジノによって多少の違いがあるのが普通です。主にライセンス発行国や、審査機関によってペイアウト率が左右される場合が多い傾向にあります。

ペイアウト率を公表しているカジノを選ぶ

毎月のペイアウト率は、昔はページ下部に「GLI」や「eCOGRA」といった監査機関のロゴをクリックして調べるという方法があったのですが、今ではほとんどのカジノでこのやり方が難しくなってしまいました。
そこで、チャットサポートに「御社の今月のRTPを教えてください」と聞くのが一番手っ取り早い方法です。
各ゲームごとのライブRTPを目立つ位置に公表しているベラジョンカジノなどは、ペイアウト率への不信を払拭されているという理由から遊ぶ理由の一つとなるでしょう。

口コミや紹介サイトの評判が高いカジノを選ぶ

X(旧ツイッター)などのSNS上で「あのカジノはRTPを操作しているのでは…全然勝てない」という意見が少数ならばいいのですが、それに賛同する意見があまりにも多かったり、その他の悪い口コミが飛び交うカジノは避けたほうがいいかもしれません。
また、紹介サイトには必ずといっていいほどカジノランキングがあります。
紹介サイトの人間は当然のようにカジノのペイアウト率も考慮して順位を付けていますので、カジノランキングで上位の評判の良いサイトを選ぶのが無難です。

ペイアウト率が高いゲームをちゃんと設置しているカジノを選ぶ

ペイアウト率の高いゲームは比較的勝ちやすいため、収益性の問題からあえて設置しないというカジノもあります。
ユーザー数が一定以上の大手・中堅カジノはしっかりと高ペイアウト機種を導入していますので、不利にならないようにカジノを選ぶべきです。

ネットカジノがオススメする高ペイアウト率カジノ3選

これからオンラインカジノを始めようという方に、ペイアウト率が高いオンラインカジノを探すことは難作業かと思います。
そこで、私たちネットカジノJP編集部がオススメする高ペイアウト率カジノを3つ紹介します。よろしければ登録もお願いいたします。

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノはゲームごとに「直近24時間のRTP(ペイアウト率と同義)」が表示されるのが特徴です。
ユーザーに対してRTP情報を隠すカジノが多い中で、ご丁寧にRTPをチェックしやすくしているというフェアなオンラインカジノといえるでしょう。
ちなみに直近24時間のペイアウト率の場合は、本来越えることの無いペイアウト率100%越えが普通に起こり得ます。
プレイヤー数も収益も多いベラジョンカジノは、今では日本でトップクラスのカジノとして君臨しています。

ベラジョンカジノの登録はこちら

ミスティーノ

ミスティーノ

ミスティーノでは2024年1月下旬、「RTP(還元率)が上昇し、より勝利しやすくコイン持ちが良くなりました!」というメールをプレイヤーに一斉送信しました。
これはペイアウト率に対して不正をしていないという自信が無いとできない宣伝です。
ペイアウト率重視派の方はミスティーノをチェックしてみてはいかがでしょうか?
ミスティーノでは、各種ゲームの情報ページを開くことで、理論上のRTPを確認することができます。
月間ペイアウト率が知りたい場合は、チャットサポートに聞いてみると回答してもらえるかもしれません。

ミスティーノの登録はこちら

ステークカジノ

ステークカジノ

仮想通貨に特化したステークカジノではRTPではなく、各ゲームを立ち上げた際の詳細にエッジ(控除率)が記載されています。
例えば、Wanted Dead or a Wildならエッジは3.62%と表示され、3.62%がカジノの取り分ということがわかります。
このエッジが低い数値のゲームを探していくのが勝利への近道といえるでしょう。
ステークカジノでも、チャットサポートに連絡することで月間ペイアウト率を知ることができます。

ステークカジノの登録はこちら

ペイアウト率に関するよくある質問

ここではペイアウト率についてのよくある質問を紹介します

バイナリーオプションのペイアウト率は?

バイナリーオプションのペイアウト率はカジノのような「賭けた金額に対していくら戻ってくるか」という目安ではなく、予想を的中させた時の賞金に対する倍率として扱われています。
たとえば、バイオプ1回の取引で1,000円分のチケットを購入した場合、ペイアウト率が2.0なら払い戻しは2,000円、1.5倍だとしたら払い戻しは1,500円となります。
ペイアウト率が高い取引ほど、勝てば高額賞金を獲得できるというわけです。
予想が外れた場合は、ペイアウト率に関係なくチケット購入金が全損となります。

期待値とペイアウト率の関係は

期待値は宝くじの「1等1億円当選本数5本」のように、賞金額と賞金が当たる確率が判明している物に対して次の式で計算できる割合です。
期待値=当選金×当選する確率(賞品の本数)。
これに対し、オンラインカジノのスロットゲームなどは当選する確率がランダムなために期待値の式を当てはめることができません。
そこでペイアウト率の計算式や控除率から還元率を導くなどの方法で勝ちやすさを判別するというわけです。

まとめ:ペイアウト率の高いオンラインカジノで稼ごう!

ペイアウト率の高いゲームはオンラインカジノに集中しているので、それらで稼ごうというのは間違いではありません。
実際に多くのプレイヤーが高額賞金を手にしています。
2023年12月にはベラジョンカジノのオンラインパチンコサイト「パチンコ館」がデビューし、こちらも実店舗のような家賃や光熱費・人件費を大幅カットできるので高ペイアウト率が期待できると噂されています。
今回の記事やパチンコ館の記事を参考に、ペイアウト率の高いカジノ・ゲームでプレイをしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
ベラジョンカジノのパチンコ館とは?伝説の4号機が打てるオンラインパチンコを徹底解説!

なんと、あのベラジョンカジノでパチンコが導入されたことをご存知ですか? 「ベラジョンパチンコ館」では、懐……

関連記事

上の人(uenohito)

今回の記事を書いた人

こんにちは!ウエノヒトシです。みなさんから親しみを込めて「上の人」と呼んでいただいています。ネットカジノJPの運営を一手に担っており、サイトの最新情報や役立つ知識を日々更新しています。長年のギャンブル経験を生かし、オンラインカジノにも深い愛情を持って8年が経ちました。勝利への鍵となる必勝法を研究し続けており、いつか皆さんに完璧な勝ち方をお伝えできる日を夢見ています。

ネットカジノ比較ランキング【2024年】最新版 | ネットカジノ.JP