「ABEMA報道リアリティーショー アベプラ」という番組で、オンラインカジノがとりあげられました。

オンラインカジノは違法なのか?ひろゆき氏や、若新雄純氏の質問に、賭博罪を専門に扱う津田岳宏弁護士が詳しく答えています。

とても分かりやすい内容ですので是非ご覧ください。津田岳宏弁護士による解説は5:45からです。

内容を急いで知りたい方のために、動画の下にQ&A形式で要約していますのでそちらもご参照ください。

Q:平石アナウンサー「オンラインカジノについて、津田岳宏弁護士はどう思いますか?」

A:津田岳宏弁護士「海外でライセンスを取得しているオンラインカジノは違法性が無いと考えます。」

Q:ひろゆき氏「警察は違法と言っているが、日本で捕まった人はいるのか?」

A:津田岳宏弁護士「プレイヤーで捕まった人はいるが、裁判で争った人は一人だけ。その一人は不起訴(無罪)となっている。」

Q:ひろゆき氏「争えば有罪にならないんですね?」

A:津田岳宏弁護士「現時点では一例しかなく、そう言えるかもしれない。」

Q:ひろゆき氏「争わなかった人はどんな罰になるんですか?」

A:津田岳宏弁護士「罰金20万円ぐらいです。交通違反のような感じ。だからほとんどの人は裁判で長期争うより、罰金を払って終わらせます。」

A:津田岳宏弁護士「しかし一人だけ勇者が裁判で争う意向を示し、私が弁護を担当しました。結果、検察は不起訴(無罪)としました。」

不起訴となったポイントについて

A:津田岳宏弁護士

  • ・海外で合法的なライセンスを取得しているのが大きなポイント
  • ・賭博罪は胴元(運営者)を処罰する法律である。
  • ・海外で合法的なライセンスを取得しているカジノを日本の刑法で処罰できない。
  • ・胴元が処罰できないのに、客だけを処罰することは刑法の想定外であり、本末転倒である。
  • ・刑法は明治時代に作られたものであり、インターネットが想定されていない。
  • ・想定されていないものを処罰するのは罪刑法定主義の観点からおかしい。

期間限定!無料チップで遊べる特別キャンペーン

初めてプレイする方に朗報です!なんと無料でリアルマネーとして使えるチップがもらえます!

「よし!ネットカジノで遊んでみるぞ」と思ったものの、急に入金するのは気が引ける…そんな方にうってつけのキャンペーンが期間限定で開催中!このサイト経由から限定の特典なので、この機会にお得に始めちゃいましょう!

無料チップをもらいに行く! 

gotoTop